有田まちなかフェスティバル

MENU

MENU

CART

有田まちなかフェスティバル

パンフレットDOWNLOAD!

初代 井手金作の世界

有田焼の大物製作が頂点を極めた明治期、今に語り継がれる伝説の大物細工師がいました。その名は井手金作。陶山神社の社殿前にある染付の大水甕(みずがめ)も大作のひとつです。

 

今回は個人所蔵品の染付火鉢や花瓶等を約30点、その他諸作者の植木鉢約20点も展示しております。